子供たちとものがたり

たくさんの方から大切な本を寄贈していただきました。

子供たちに、長いあいだ読み聞かせてきたたくさんの絵本。その子供たちも大きくなって、絵本から離れていき、それでも、まだ大切にされてきたたくさんの絵本。

お母さんから読んでもらって、 自分がお母さんになって、また子供たちに読み聞かせてきた大切なものがたり。

そんな、たくさんの大切な思い出を寄贈していただきました。

その中に「ちいさいおうち」と、「カラスのパンやさん」という、僕の大好きな絵本も入っていました。
そのほかにも「泣いた赤おに」や「百万回生きた猫」など、大人になった今でも読む度に泣いてしまう絵本。
小さい頃のワクワク感がよみがえってくる「押し入れの冒険」などなど。
でも、ストーリーに関係なく、 絵本は、小さい頃のお母さんの思い出につながっていくようにも感じられます。

あなたの思い出深い絵本、おすすめの絵本、ご寄贈ください。